■メインキャラクター一覧■

【 その1  その2  その3  その4  その5  その6  その7  その8 】


平山ヒラメ(通称 ヒラメ)
チエの親友。小学校の教室ではチエと机を並べて、いつも一緒に帰宅している。相撲と絵に関しては、皆が一目置くほどの才能がある。相撲大会の時には技のデパートぶりを披露。絵ではボクシングをするテツを描いてコンクールで金賞を取ったこともある。しかし、それ以外では“どんくさい”ところがあり、本人はいつも気にしている。

平山丸太(通称 丸太)
ヒラメの兄。イガグリ頭のケナゲな中学生。顔だけではなく、なにかとどんくさい性格も妹ヒラメとそっくり。だからこそ、テツの悪企みに振り回されることもしばしば。不良に絡まれたりするなど、気弱なところがあり、テツは見かねて何度か根性の鍛錬をさせるのだが……。

ヒラメの母
ヒラメ、丸太の母親。ごく普通の家庭の主婦なのだが、西萩町のキョーレツな面々の前ではすこし影が薄いかも? いつも娘と息子を母の目で暖かく見守る。学生時代には登山部に所属しており、その腕前を披露したこともある。

丸山ミツル(通称 ミツル)
テツとは小学校以来の幼なじみ。拳骨の教え子である。かつては、いつも二人で悪さをしていたのだが、ミツルは一念発起して警察官に。現在は地元の交番で勤務しており、テツが起こしたした騒動を収める役目を務めている。しかし、たまに本人が騒動の渦中に巻き込まれることも……。なお、妻ノブ子との結婚では、テツが仲人を務めた。